本文へスキップ

夢中になれる!海時間 シーカヤック アースクエスト                 一般社団法人 日本セーフティカヌーイング協会 公認カヌースクール 

TEL&FAX 022-707-3616
Mail

画期的な救難信号発信器が、ようやく日本でも使えるようになりました。
PLBは、個人用の衛星を使った救難信号発信器です。
万が一の場合、国際的に合意された救難網に衛星経由で位置情報が送られます。
日本の場合は、海上保安庁が信号を受信し、救助体制の構築や登録データの照会が行われます。
携帯電話が圏外でも、空が開けていれば使用できます。



衛星経由の位置情報通知とは別に、本体から捜索用の電波も発信します。
受信装置のある捜索艇は、GPS情報を元に現場に急行し、捜索用の電波の受信でからに捜索範囲を絞ります。また、本体からは白色のストロボ光も発光されます。作動時間は24時間以上、製品保証は5年間です。


 広い海の上で、漂流している人間を探すのは、非常に困難です。多くのカヤック死亡事故では、遭難者は携帯電話を持ってはいましたが、通報が適切に行われず、捜索に時間がかかり、カヤックが先に発見され、人は後から発見されています。(時には行方不明のまま・・・。)
 そんな多くのシーカヤック死亡事故が、当事者が「PLB」を装備していれば、捜索に時間がかからなかったと思われる事故です。

 携帯電話は便利な通信手段ですが、当然ながら救難信号の発信用には作られていません。また、海図で捜索する海上保安庁に対して、海の上での自分の現在位置を、電話を使って相手が解る形で伝えるには、相当な知識と現場でのトレーニングが必要です。アンテナを伸ばして、スイッチを押すだけのPLBは、最後の切り札として、マリンレジャーを楽しむ誰もが携帯すべき装備です。

ACR レスキューリンクプラス(ResQLink+)
・サイズ:41×48×114mm
・重量:153g
・浮力有り
・カバー材質:耐衝撃性、耐紫外線プラスチック
・救難信号出力:5W
・ストロボ:明るい白色、3秒に1閃光
・防水性:5m/1時間、10m/10分
・作動:-20℃〜+55℃
・保管:-30℃〜+70℃
・保証期間:5年間
・価格:49,680-(税込み)

※PLBの使用には、無線局開局申請(申請料¥4250-)が必要です。(資格は不要です。)
※製品には、申請書が付属しています。記入事項は、
●使用者の住所・氏名・電話番号
●パッケージに同封の「ビーコンコード及び個体識別番号証明書」に記載された番号、コード
●非常時の連絡先 2 名の氏名・電話番号 です。
※電波使用料 ¥600/年


バナースペース

アースクエスト

〒983-0821
宮城県仙台市宮城野区岩切
字今市90-2

アクセス

TEL 022-707-3616
FAX 022-707-3616





アースクエスト メールマガジン
季節の話題、最新情報をお届けします
お名前

メールアドレス